出来てしまったシミに使うハイドロキノン配合クリーム

できてしまったシミ用のクリームというものは病院に行かなくても購入することができます。
その中でハイドロキノン配合のものとそうでないものがあります。
ハイドロキノンは肌への影響が大きいことから、2000年代になるまでは日本ではコスメにハイドロキノンを配合することは禁止されていました。
海外では今でもハイドロキノンのコスメへの配合について規制されている国もあるみたいですが、日本では決められた濃度などの基準を満たしていればコスメに配合することもできるようになりました。
ハイドロキノン配合クリームを使う場合にはいくつかの注意点があります。

  • 肌の目立たない場所に試し塗りをして、異常が出ないかどうかパッチテストを行う
  • アトピーなどの肌疾患がある人は医師に相談してから使用する
  • なるべく紫外線の弱い夜に使用する
  • 使用期間中の外出時には、普段以上に紫外線を避ける
  • 一か所への長期にわたる連続使用はしない
  • 酸化による劣化を避けるため、開封後はなるべく早めに使い切る

このような注意点があります。

ハイドロキノンが入っていないシミ用クリームというものもありますが、ハイドロキノン配合のシミ用クリームを使ってみたいという人はこれらの注意点をよく守った上で使用してください。
市販のハイドロキノン配合シミ用クリームには「プラスキレイ プラスナノHQ」などがあります。
参考:出来てしまったシミに「プラスキレイ プラスナノHQ」

プラスキレイプラスナノHQはハイドロキノン4%配合で、1ヶ月で使い切れる小さめサイズになっています。
同一箇所への連続使用は6ヶ月まで、妊娠中・授乳中には使わないようにという注意があります。
ハイドロキノン配合シミ用クリームが初めての人でも試しやすい商品なのではないでしょうか。